ワーママ時間3倍術~子育てしながら稼ぐ母になる方法

『ワーママ時間3倍術~子育てしながら稼ぐ母になる方法』著:山守麻衣

 

を読みました。

内容としては知っているような内容もあり、読みやすい構成ですぐに読めました。

3倍は言い過ぎ!!とも思いました。

でもちりも積もれば山となる、ですもんね。

役に立ちそうなところをメモしておこうと思います。

 

 

自分の能力は低めに見積もる

私も復職した時はまわりからも気をつかってもらい、仕事量をセーブして貰いました。本人からすると、ついつい「自分はもっと出来るのに」と思い「もっといい仕事を」とアピールをしてしまっていました。そして大量の仕事を任されて保育園のお迎えの時間に帰る事ができず、家族に迷惑をかけた苦い経験があります。

今考えると、ワーママだと割り切って自分の能力は低めに見積もっておくこと。この心構えは大切だと思いました。

 

子供にはテレビ(DVD)を見せるよりも、「リアル」な遊びの提案を

家に帰ってからは、子供との貴重な時間ですよね。でもついついうちではDVDを見せて時間稼ぎをしてしまいがちです。DVDではなく「シール貼り」などなど、「リアル」な遊びを提案してあげて一人遊びを促すことも大切だなあと思いました。

 

その他

ワーママあるあるでいくと、食洗器を使う、情報戦である、ベビーシッターを使う等々でしょうか。

私も会社で色々なママと話しましたが、「家事代行」を使う人はいても「ベビーシッター」を使う人は少ないと感じました。私自身もベビーシッターは使ったことがなく、土日に無認可保育に預けたことがある程度です。

この山守さんはベビーシッターに預けて「月40万円」使ったこともあると記載がありましたが、ごくごく少数意見だと思います。